スポンサーサイト

  • 2017.03.09 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    事件師と事件物件専門業者の違いがについて考察する。

    • 2015.03.23 Monday
    • 06:21
    事件師と事件物件専門業者の違いがについて考察する。

    再び、成南住宅が話題になっている。


     
    (東京アウトローズ報道)引用

    ●本誌既報の都内有名事件物件「真珠宮ビル」で、東京地裁民事9部に3000万円の担保を積んで仮差押をした「成南住宅」(芥潔社長)。ドンキホーテHDのグループ会社が取得した「川崎市東田町物件」でも登場する有名事件師「新橋のN」が、この3000万円の一部を出している、との有力情報。



     
    成南住宅という会社と川崎東田町プレハブ団地オーナーの一人、「アイザック」


    は同一と思われます。しかし既存の情報で同一と言っているだけで、アイザックの中の人と成南住宅が今は別人のことはあり得ます。


    昨日まで敵、今日の10時半から味方というのが事件地上げの世界です。


    「事件地上げ」という事実が先にあるのではなく、「地上げ」という通常の経済行為を「事件」にしてしまう一群の人たちがいるわけです。


    これが事件師であります。成南住宅代表はとうとう実名報道されてしまいました。


    成南住宅代表は茅ヶ崎のオクトというバブル不動産屋の設立にも協力したと思います。


    ですから、原田勝美被告とはオクトという会社を通じて互いに知っていると思う。


    オクトのような業態の不動産屋はたくさんあって、このように原田を知っているからと言って成南住宅が夢玄関(原田の会社)のような風船話不動産業界に関与しているとは思いません。


    一般から見れば同じに見えるでしょうが、微妙に差がありその差は結果的に大きくなる。


    成南住宅の知り合いでも、道玄坂にあったA社のIは最近地面師詐欺で逮捕されて、社員は狛江や横浜で不動産屋をやっているようですが、Iはどこにいるかわかりません。


    不動産屋という世界は昨日まで普通にやっていたのが、いきなり社員の制止も聞かずに宅見勝氏に会社の金2億ほどを出資して、社員に逃げられたりするのが日常の世界です。


    2億の金が戻ってくることは絶対にありません。


    成南住宅は事件不動産専門業者と自認されておられるようです。


    (株)夢玄関と(株)A(Lファクトリー)は事件師として沈み、成南住宅は専門業者として生き残っているようです。


    一般から見れば違いははっきり言ってありません。


    しかし、成南住宅が川崎東田町と真珠宮ビルを見る限り、地面師に対抗している限りでは、頑張ってもらいたいという感じです。


    東京アウトローズ報道にある、新橋の有名事件師Nとは、シャツ屋のNさんでしょう。


    事件金主ともいうべき人で、横浜のKとかと同じジャンルのお下品版でしょうか。


    事件物件の周辺には司法書士から弁護士まで士業全般、政治家もあらゆる方面の政治家、不動産屋は鹿島建設から成南住宅まで、当然その世界の方もあらゆる方面から集まってきます。


    わたくしも平成7年頃でしょうか、真珠宮ビルの一室を格安で貸すとある司法書士に言われて、一階のルノワールで話をしましたが、いわゆる人相違反のお方や尋常でない雰囲気の方が多すぎて怖いのでお断りしました。


    格安で貸してくれる見返りに登記業務をさせられて終わりになるパターンです。


    いまでも司法書士事務所を預けるという話は山ほどある。


    東京法務局新宿出張所界隈にはそのような書士事務所がたくさんあるわけです。


     
    1 真珠宮ビルが司法で解決できない理由。


    船橋小林海苔店小林進と野嵜和興が一緒の事務所にいたとは、小林本人が語るまで気づきませんでした。


    真珠宮ビル事件


    最初のころ、地権者鴛渕千枝さんに椿康男弁護士がついたと言われている。


    真実でしょう。


    いわゆる有名弁護士が登場して鴛渕さんは期待したでしょう。


    ところが結果は悪くなるばかり。


    その後、椿弁護士はいわゆる「鉄砲事件」という証券詐欺を行い100億ほどの穴をあけてタイに逃亡したと報道されています。


    タイで死んだと言われているが誰も確認できない。


    タイから帰国して日本のどこかで餃子でも食っているでしょう。


    事件の原点は印鑑証明書変造ですから、それに基づいた登記は無効であり、無効登記に基づく登記も無効であると、実体で争わず形式論で争えば


    登記が戻りますから、架空の実態は崩れ去るわけで、通常の弁護士ならそういう訴訟をするでしょう。


    単純であるがゆえに確実な方法です。

    (そういう実例に基づいて申しているわけです。)


    ところが真珠宮ビル事件司法関係者はまったく斜め上の議論に終始していたわけです。


    司法書士野崎和興は昭和バブルで破産した人です。


    椿康男弁護士も見てくれの裏では、破産した人格があった。


    簡単なアドバイスで解決できるはずが、アドバイスする側に下心がありすぎて、鴛渕千枝さんを難しいアドバイスで行き場のない袋小路に追い込んだのが実情でしょう。


    こういうのを「型に嵌める」といいます。


    野嵜和興以下、ピーピーポーポ大津洋三郎、ピーポ君事件師そして種子田益男などだますつもりが騙されたものまで含めて巨額利益予測にのってしまったわけです。


    その中に、西岡進もいればボースンの坂上、フェニックストラスト一居(姓を変えたようです)その他大勢がいる。


    こういう目から鼻へ抜ける法律知識を持つ面々が作り上げたのが真珠宮ビル事件です。


    話が飛ぶのではなく、事実がとんでもないほうに飛んでゆくので、話が飛ぶように思われるだけです。


    しかし、事件物件専門業者らは一瞬で事態を理解しています。


    それは経験値が違うからです。


    さらにいうと、事件物件に捜査が入ると関与者が口裏合わせをするから、通常の感覚では理解できないわけです。


    真珠宮ビル原本不実記載が問われると、当事者が口裏を合わせて、事件を誘導してしまうわけです。


    であるから、中途半端な捜査起訴判決になる。


    はっきり言いまして、真珠宮ビル事件は司法の責任とは言わないけれども司法が利用されまくっていることは事実ではありませんか。


    刑事事件では、フェニックスと赤富士は対立構造。


    であるから共謀はない。共謀はないから、有形悪意はない。


    こういう法律絵図を書き実行する。


    マスコミマンセー業者がプロパガンダをする。


    影響を受ける検察裁判所がビビりましたと言われても仕方がない。


    刑事事件が終われば、民事では真逆の関係性をむき出しにする。


    こういうのを司法が利用されている、翻弄させられているといいます。


     

    2 (株)真珠宮持分に金を払っていないからビックAは有罪になれば実刑もあり得ると言われていた。


    そういう状況下で(株)真珠宮などが原告、赤富士被告の民事訴訟があったようです。


    山田有宏法律事務所は西岡進ビックAの刑事事件弁護人。


    山田事務所所属弁護士が野嵜殺人実行犯の弁護人。


    (株)真珠宮vs赤富士民事訴訟でも山田事務所がコーディネイトしていたと言われている。


    こういうのは事実的双方代理であります。


    でありますから、以下の発言になる。


    【富士宮のオッサンがね、「値段は持ち主が決めるもので40億と誰が決めたの。」こういうのよ。「相模鉄道が40億円で買うというなら40億円を弁護士に預託すればいいのよ。」「預託された弁護士がその40億円が真珠宮ビル購入原資と自分に言って来たら、本間さんが交渉すればいいのよ」】


    代理人、弁護人以上のお仲間ではないでしょうか。


     

    3 真珠宮ビルハモニカ長屋三戸一住人は多重債務者ばかりです。


    J信販Kさん、BスンSさん、それぞれ住友銀行、石垣島飛行場地上げなどで


    巨額負債を負っているはずです。


    金額も石垣島は200億円を超えるとか。


    某有名人の息子さんも絡んでいて、お父さんは息子のために土下座をしたそうです。あのお父さんが息子のために土下座をする父心に心を打たれるわけです。


     多重債務者が犯罪に手を染めることが多いわけでして、もともと犯罪傾向があるものはなおさらです。





    4 なぜ46億円なのかプロファイルする。


    45億円だったかもしれないが検事の冒頭陳述で真珠宮ビル時価が公表された。


    それがいま25億円で云々されている。


    不動産に払う金ではない、不動産登記に払う金が25億円です。


    地主が生きていたら、登記は元に戻る。


    だから地面師事件は殺人事件に発展するのです。


    生かしておくわけにはゆかないわけです。


    今更ながらに、あり得ない値段で真珠宮ビルを処分せねばならない理由は、真珠宮ビル利益を見込んで、多方面から引いた金を処理せねばならないからだと思います。


    成南住宅などどうでもいい。


    誰の金を埋めようというのか。


    返さないと命に係わる金だと思う。


    海外から送られてきた金ではないでしょうか。


    書きとばして、話が飛んでいても、わかる人にはわかるでしょう。


    こういう話は一般には関係ないですから。

     

    スポンサーサイト

    • 2017.03.09 Thursday
    • 06:21
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM