スポンサーサイト

  • 2017.03.09 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    雑感三題

    • 2015.02.12 Thursday
    • 09:59

    雑感三題‏


    こまい事件が連鎖している。

    真珠宮ビル物件が公売となり、数件の問い合わせがありました。


    みずほ銀行及川幹雄事件についても、伊藤博重渋谷立てこもり事件についても同様です。伊藤博重については報道関係からも複数問い合わせがありました。


    事件は日々起きているのですが、和歌山紀ノ川殺人事件のように逮捕された者が壮絶ないじめを青春期に受けていたようでして、原因があって結果がある見本です。


    みずほ銀行事件も実は事件の連鎖でありまして、不祥事を隠ぺいし続けているからこそ、事件が再生産される雰囲気があります。


    マスコミも取材と称して金融庁の御庭番と化している者がいて笑止千万です。

     

    1  ネット報道をしのぎにする者とネット報道を利用する者の戦い。


    有料会員を募り、講演会を行い、正義のネット報道を売り物にしているのが、「アクセスジャーナル」であります。


    アクセスジャーナル報道で話題になったのが、美人局モドキ事件です。


    報道された飲食業会社社長も某ホステスも右翼?関係者も大きな打撃を受けました。


    ネットで書くことを生業にしている者を利用したものの、いわゆる斜め上の展開になって、社会的な打撃を受けたわけです。


    美人局モドキ事件もアクセスジャーナル報道と逮捕された者らの共謀と連係プレーが立証されたら立派な美人局恐喝事件だったでしょう。


    とりあえず、「情報を書くという装置」を利用する者にとって便利な道具なわけです。(ここのところはみずほ銀行報道に関係して詳説します。)


    アクセスジャーナルと名誉棄損裁判を行ったのがT弁護士です。


    ○○○萬円が動いたと信頼すべき筋から聞いていましたが、○○○万円が3ではなく6であるとか、私の知らない金額まで通報してくれる人がいます。


    武富士事件で逮捕されたものとされなかったものとの差はどこにあるのかという感じもします。


    ルーシーブラックマン殺人事件捜査と武富士盗聴事件が関係しているということは具体的には報道されていません。


    そういうわけで、債権者アクセスジャーナル仮処分事件で再び刑事警察動くかという噂が入ってきました。


    刑事警察が動く理由は何かが気になりますが、うわさが出ること自体が大きい影響を物語っています。


    債務者週刊報道サイトは確信的目的報道を行っています。


    ある人物の私生活らしい写真を掲載しています。


    この行為は取材か私生活侵害か紙一重です。


    今月ある民事裁判の判決が数か月遅れて出るようです。


    その判決がどう出るか知りません。


    しかし、みずほ銀行事件の関係である人物が何らかの形で出てくると私生活侵害という部分と調査権の法益衡量となる。


    こういうリスクをあえて行うネット報道は事実を抱えている者に脅威です。


    事実がなければ関係ありません。


    事実を一部利用される者にとっては大迷惑です。


    そこで次回は「みずほ銀行大問題」とアクセスジャーナルについて論じます。


     

    2 本間吉と土井淑雄


    2013年10月本間事務所が夜逃げしたという噂が駆け巡りました。


    その噂を受けた時新宿5丁目辺りで某不動産屋事務所を探していた私は某不動産屋事務所を発見してすぐに本間事務所を探訪しました。本間事務所住所も教えてくれた人がいたからです。


    ☆OMプランニング入口扉

    (連絡よこしてくれという悲鳴)


    なんと本間事務所はOMプランニングでありました。


    わたくしはまず見に行くのであります。


    夜逃げは所謂「追い込み」が原因のようです。


    本間は「土井が名前を使って勝手にやった」


    土井は「金はみんな本間に持って行った」


    こういうお話のようでして、債権者は泣いておりました。


    鬼も泣かされる修羅の世界であります。


    本間は及川幹雄恐喝で得た金でマスコミ対策を行い、土井は帝国ホテルに事務所を持ったのでしょうか。


    真珠宮ビル売却話で金を奪われた鬼も多数いるようです。


    富士宮のオッサンがね、「値段は持ち主が決めるもので40億と誰が決めたの。」こういうのよ。「相模鉄道が40億円で買うというなら40億円を弁護士に預託すればいいのよ。」「預託された弁護士がその40億円が真珠宮ビル購入原資と自分に言って来たら、本間さんが交渉すればいいのよ」]と言うほどの人ですから。

    とにもかくにも、責任を押し付け合っている本間と土井であります。


    ですから責任論以前の実行行為と構成要件該当性と違法性はあるのです。


    なにおかいわんやであります。二人とも追い込みは平気のようです。


    保護者は誰なんでしょうか。????。


     

    3 真珠宮ビル公売について


    これも問い合わせが2件ありました。


    「所有権移転をされた会社は絶対に代金は払っていない」こういう断言的前提で聴いてくる人がいます。


    こういう設問は無駄であります。理由は当人しかわからないし、金を払ったかどうかは言わないからです。


    ドンキな人が買ったのならIRにそのうち出るでしょう。


    ドンキな人が関わっただけではIRは出ないでしょう。


    「consideration」とは英米法の用語でして、こういう場合、真珠宮案件にいかなる関わりがあるかによって法律構成と立証を考えればいいのであります。


    ドンキな人が金を出したかどうかは、質問者Aの権利実現に関係あるかです。


    関係あるなら、その事実を言わせる法律アクションを起こせばいいだけです。


    ひとつだけ28億で買って40億で売るという話がヒントと思う。


    このスキームは不動のようです。


    これは本質的に中身の人が変わっていないということです。


    公売で最低価格が21億9千万円とされた。


    40億円で鹿島建設が買ってJR東日本が46億円で買ったら背任です。


    公売不調なら最低公売価格は下がる。


    10億円を切って6億円くらいになったら、JR東日本も入札するかもしれない。


    その前に公用で収容されるから同じでしょう。


    頑張っていただきたい。


    追伸


    事態は流動的であります。


    東京アウトローズ報道参照

    http://outlaws.air-nifty.com/news/2015/02/post-a2f7.html


    公売中止および登記簿閉鎖

    スポンサーサイト

    • 2017.03.09 Thursday
    • 09:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      本ブロクをよく読ませて頂いております。
      深読みかもしれませんご、貼り紙にある番号やその時期が興味深いです。
      更新楽しみにしております。
      • いぬ
      • 2015/02/14 10:08 AM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM