スポンサーサイト

  • 2017.03.09 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    片山氏PCなりすまし事件をプロファイル

    • 2014.05.21 Wednesday
    • 09:00


    片山氏PCなりすまし事件をプロファイル


    片山氏がPCなりすまし事件について、すべて自分やったことと認めたと報道されている。


    片山氏弁護団は、片山氏の責任能力を問題にして責任能力を検証するために精神鑑定を申請したそうな。評論家江川紹子氏は、事件全体を検証するとおっしゃっているそうな。


    1 裁判は裁判所でしましょう


    片山氏は、エイベックスが「のまネコ」を私物化しようとしたときに、執拗に2チャンネルでエイベックスに殺害予告を載せて、逮捕されて実刑に行った人物であります。


    通常は、2チャンネルという匿名性を獲得してもそこまで粘着しないですね。べつに正義感でやっているわけではない。


    今回の片山氏事件でネット上にて警察攻撃した、いわゆる「お前ら」ねっと匿名人と片山氏の距離は遠くない。こういうネット人は、「ばーか」と言うことにより、ストレスを発散しているのです。


    通常は、エイベックスに2チャンネル攻撃して逮捕されても、「すみません、もうしないです」と言えば、10日勾留で出てきます。ところが、片山氏のような再犯するネット犯罪者は無数にいるのです。


    ある弁護士は、気に入らないと、数時間に200通以上の携帯メールを送りつけてきます。これは病気でありまして、クレプトマニアという常習窃盗人とおなじです。


    この種の人の性癖はネット時代前には表面化できなかった。手紙を紙で書くのは手間がかかりますから。


    片山氏類似の人で、ネット上で殺人予告をして事件にされ、執行猶予中に我慢できず類似事件を起こす人がいました。


    弁護人が性格と事件をよく理解して、裁判所と検察を説得してサイドの執行猶予を取った。これが通常の弁護士の仕事です。


    片山氏弁護人はマスコミ相手に大見得を切ることが弁護方法です。片山氏弁護人は依頼人に実刑確定のコースを選ばせた。


    まあ、依頼人の弁護をしているわけでなく自分の宣伝をしているなら合理性があるでしょう。


    江川紹子評論家は、「警察=権力」攻撃のために片山氏事件を論じているのであるから、ずっこけるわけにいかない。「検証」「検証」というしかないですね。その前に鏡を見て、すこしきれいになったほうがいいですね。


    2 裁判所外で裁判をするのと、裁判をジャーナリズムとして検証するのは違う


    横浜地裁日興コーディアル証券インサイダー事件で吉岡被告弁護人が裁判所に押し掛け、保釈を取りました。


    まあ長期拘置はよくない場合が多いからそれはいいとして、裁判が始まる前に、身分なき共犯論議がマスコミでなされて、さながら人民裁判のようでありました。


    司法試験受験生の論議が、正義の事務所あたりでおこなわれて、辞め検弁護士も高度な共犯理論をブログで展開されていた。


    皆さん、構成要件以前に構成要件事実、そしてそれ以前の社会的事実を検証することが大事だというのが刑法理論でして、もちろん社会的事実評価だけで犯罪を裁かないという原則が構成要件論ですが、やはり、構成要件論に入る前の常識論が刑法教科書に書かれていなくても大事であると著名な刑法学者の講義で聞いたことがある。


    インサイダー事件の元銀行員は検察官冒頭陳述によれば、りそな銀行普通預金に6500万以上の現金性預金を保持しており、入金は数百万づつ多数回に行われておるということでした。銀行員はその多額な多数回にわたる入金の明細は供述していません。


    一緒に逮捕されたKからIをへてN経由で吉岡に金がわたっていると立証されたら高度な身分なき共犯理論論議は必要なかった。


    皆さん、こういう場合ジャーナリズムは、吉岡氏に6500万の資金の入手方法を明らかにしなさいと迫るのが当然なのであります。刑事事件にならなくても、住友銀行職員が、不相応な金銭稼ぎをしていたら左遷される。


    ですから通常の世間常識では、李下に冠を正さずでありまして、吉岡被告が無実と思うやつはいない。


    3 S弁護人(片山氏弁護人でもある)弁護方針


    精密司法追及でありました。吉岡被告に執行猶予がついて、吉岡は控訴したようです。どうなったか報道はない。


    Kが吉岡に勧められて金を出した人物らは、あるグループは刑事事件にされました。無罪であればいいのだという弁護方針が長期的にどういう結果を生むかは明日以降しかわからない。


    この吉岡事件周辺者は現在反社認定されて、執行猶予という弁当以外に基本的犯罪者というレッテルを張られた。


    その当否は別にして利口に立ち回る者の悲劇はこれからはじまるかも。それもわかるのは明日以降です。


    刑事事件は終わらせるのが大事です。有罪である自覚があるなら、謝って終わらせるほうが賢いですね。吉岡氏や片山氏は利口ですから、馬鹿の議論は相手にされないでしょう。


    「人生\(^o^)/オワタ」

    スポンサーサイト

    • 2017.03.09 Thursday
    • 09:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM